血管肉腫の症状と原因について

血管肉腫とは、血管内皮細胞に生じる肉腫で血管やリンパ管に発生します。
海外では脈管肉腫と一般的には言われていて、転移性が高い非常に危険な悪性軟部腫瘍の一種です。
初期症状は痛みを伴わず、腫瘍が大きくなるまで症状がでないことが多いため、症状が進行してから発見されることがあります。
頭部や頸部に発症することが多く、頭部にできた場合は毛髪によって隠れて発見が遅れる場合があり、血液やリンパ液を通じて他の臓器へと転移するため再発する可能性が高く治療が非常に困難です。
また、頭部や頸部だけでなく胴体・手・足に発症することもあり、発症部位によって悪性度が異なります。
血管肉腫の症状として、短期間のうちに瘤となって皮膚の一部が盛り上がり、淡紅色から暗紅色の打ち身のような紫斑・紅斑が出現します。痛みを伴うことは比較的少ないです。
進行すると、浮腫ができたり皮膚がただれて出血しかさぶたができるといった症状が現れ、貧血や血液凝固機能の異常が出てきます。
また、発生部位から血液やリンパ液を通じて転移することが多く、肝臓・肺・リンパ節・骨といった部位に転移が発生します。
肉腫は癌の一種で、遺伝子に異常が起きて異常な細胞増殖が発生する病気です。血管肉腫も同様に遺伝子に異常が起きていると考えられていますが、遺伝子に異常が起きる原因はいまだに不明な状態です。
頭部に発生する場合は、約半数の患者が頭部にドアに頭をぶつけたというような怪我の経験があり、外的刺激による外傷が肉腫の原因であるのではないかと考えられています。
血管年齢若返り対策ガイド|血管年齢を下げる方法とは?はこちら