医薬品として販売されている育毛剤の効果は?

育毛剤には医薬品都市は認可が下りていない医薬部外品と、効果が明確になっていて医薬品として厚生労働省から認められているものがあります。医薬品として認められている育毛剤の種類は多くはありません。医薬品として認められ、テレビでもコマーシャルが流れている育毛剤の臨床データをご紹介します。約1年間そのお薬を使用し、医師が診断してその毛髪の状態を非常に良くなったから、悪くなったまで5段階での評価をしました。

4週間ごとの評価では早い人では8週間ごろから明らかな効果が出始め、最終的な52週目では良くなった、少し良くなったの評価で効果が得られた割合は9割以上に達しました。医師の主観的な印象だけではな客観的なデータでもその効果が明らかになっています。1平方センチメートル当たりの毛髪数が増えた量について調べています。開始後4週間で0.8本の増加が8週間経過すると15.3本と急激に増え始め、24週時点では25.6本の増加が平均で確認されています。

また、毛髪の太さに関しても太さが40マイクロメートル以上のしっかりした毛髪が開始4週間で0.8本であったものが8週で15.3本、16州では26.4本にまで増加していました。このような明確なデータに基づいて医薬品の育毛剤は認可されています。9割以上の人が育毛剤効果を感じているものなので効果としては非常に高いといえるでしょう。

このデータは一例ですが、ほかにも医薬品として認められている育毛剤はいくつかあり、それぞれに明らかな効果がありますので使用に際しては十分に期待が持てます。